R1住宅のマークがあれば安心!中古マンションの購入で活用できる便利な情報を紹介

適合R住宅とは優良なリノベーションが為された良質な物件のことで、中でもR1住宅はその建物の専有部分へのリノベーションが施された物件を指します。
その内容は、重要インフラを検査し改修工事を行い、その結果を消費者へ伝えます。
更にその改修工事については2年間保証され、協会には住宅履歴情報が保管されます。
これらの内容が全て補完された適合R住宅であれば、その建物については2年間もの間保証されます。
また、保証協会が住宅履歴情報を保管していることから、購入を躊躇する必要は少なくなります。

R1住宅のマークがあれば安心!中古マンションの購入で活用できる便利な情報を紹介

平成28年以降既存住宅流通市場の活性化について閣議決定された内容に基づき、優良な既存住宅を増加させるための人材の育成が推進されました。
また、住生活基本計画により建物状況調査の質の向上をも勧めています。
その結果としてインフラが整備改修されたR住宅が増え、専有部分の改修が済み2年間の保証も受けられるR1住宅も増加しています。
以上のような理由によりR1住宅のマークが付された物件は、安心して取引し購入する事ができます。
生活しやすい優良な物件を探すのならば、まずはR1住宅であるかの確認からすれば問題のない物件を探し出せます。

R1住宅のマークは基準に適合したリノベーション物件である証

集合住宅では共有設備や居住区域については目視で判断することがありますが、上下水道など見ることができない場所は判断するのが困難です。
そこで誕生した基準がR1住宅で、住まい選びの参考になります。
重要インフラ13項目では給水管や排水管に加えて給湯管やガス管、電気配線や分電盤、火報設備、浴室防水のほか、下地組では床、壁、天井が対象となります。
これらの設備が健全に機能していることが求められ、快適な暮らしを実現するための新たな指標です。
発行が義務付けられている適合情報報告書はリノベーションを担当した業者の情報に加えて、既存の設備の修理なのか新規に設置したのかを明示し、不具合が発生した場合の相談窓口も明記することが必要です。
また、重要インフラ13項目は2年以上の保証を付帯し、アフターサービス保証書の発行が義務付けられているのも重要です。
住宅履歴の平面図と仕上げ票、更新した場合には配管図、配電図、設備位置図をリノベーション協会のサーバーに保管する義務があり、消費者は同協会のウェブサイトにログインすればいつでも閲覧可能です。
これらの厳しい基準に適合した住宅のみが、R1住宅を名乗ることが許されます。

R1住宅は中古マンションのための適合性基準

話題のR1住宅は、中古マンションのための適合性基準です。
日本では、中古住宅を購入してリノベーションを行って住む人が増えています。
リノベーションは間取りを変更できるので、ライフスタイルに合わせて理想の家を実現します。
中古住宅は新築住宅に比べて価格が安く、希望する条件で購入しやすいです。
リノベーション済みの中古物件は販売価格に工事費用を含むので、購入者は資金計画が立てやすいです。
様々なメリットがありますが、トラブルも報告されています。
リノベーション済みでも内容は物件によって異なり、品質によって利便性が変わります。
優良なリノベーションと認定されているR1住宅はなら、安心して購入できます。
給水管や給湯管、浴室防水など様々な項目で基準が設定されています。
R1住宅は、検査を行った上で情報開示と品質確保が行われます。
デザインだけでなく中身も確認できるため、初めてリノベーション済みの物件を購入する人にも適しています。

R1住宅なら重要インフラの確認がされる

R1住宅とは、優良中古マンションのことです。
正式には適合リノベーションR1住宅と呼ばれており、分譲マンションの専有部の重要インフラ部分の品質基準を満たすことを条件にしています。
消費者にとって外から見えにくい部分ですが、快適性や安全性に直結することから中古マンション選びの際の参考にできます。
対処となる13項目は、給水管・排水管・ガス配管・電気配線・分電盤・情報系配線・換気設備・防災設備・下地(床・壁・天井)・浴室防水が対象になっています。
リノベーションの際に耐小13項目の報告書を作成して明示しますが、その内容には適合状況と新規・既存の明示に加えて、不具合があった際の相談窓口の明記も求められます。
また2年以上の保証期間の確保、住宅履歴をリノベーション住宅推進協議会のサーバーに保管することで消費者の問い合わせに対応できる環境を確保します。
R1住宅は、リノベーションの際に重要インフラを状況や状態を確認することで、中古マンションの品質確保を目指す制度です。

R1住宅で中古マンションの比較が簡単にできる

R1住宅であれば、中古マンション選びの際に比較検討しやすくなります。
確認することの難しい13項目のインフラを対象とした適合状況の報告が義務付けられており、新規・既存などの情報を簡単に確認できます。
特にリノベーションが施された中古マンションは内装がきれいに整えられているので、全てが新しくなったと思われがちですが、実際はインフラ部分は既存のものを利用されています。
R1住宅であれば、快適性に直結する給水管・給油管・排水管・ガス管・電気配線・分電盤・情報系配線・換気設備・防災設備・下地(床・壁・天井)・浴室防止の状態を、他の物件と比較検討できることから中古マンション選びの参考にできます。
適合基準に関する情報はリノベーション協議会に報告されたデータベースに保存されているため、いつでもチェックできます。
またR1住宅では既存の設備でも適合基準を満たしたものであれば、2年保証が付きます。
さらに不具合が生じた場合の連絡先なども記録されているため、トラブルが起きた際の窓口もはっきりしています。

著者:氏家勇人

筆者プロフィール

埼玉県川口市生まれ。
長年不動産関係の会社に勤務。
今回はR1住宅についてまとめました。